« 魔法の杖。。。。 | トップページ | なんか うれしかった。。。 »

2005年9月21日 (水)

どちらも 現実。。。。。

今日は 息子たちの学校の中学部の子供たち。。。。普通校の交流校へ
劇を鑑賞に行ったようです。。。

緊張はしたようですが 無事挨拶もちゃんとできて 楽しんで帰ってきましたが
夕食時。。。。。。。。
次男『あのさー 交流校の人らの 劇楽しかったし おもしろかってんけど
なんか 僕らの学校の子ら見て 笑ってたけど。。。なんでやろ??』
長男『ギャーギャー大声出す奴とか いるからやろ?』
マグ『笑ってたん???』
次男『うん。。。。』
マグ『どんな気持した?』
次男『いややったなー なんで 笑うん??って感じやった。。。。』
マグ『じゃあ 生徒会長として なんで 笑ってるんですか?って言えば良かったのにー
次男『うん。。。。』

この話しで 思い出したのですが 去年 交流校の生徒会の子たちが 我が息子たちの
学校に来たとき 私 見に行ったんです。。。。
生徒会の子たちは 5、6人前に 座ってて わが校の子供たちから 質問受けてました。。。。
『どんな勉強してるのですか?』
『プールは週に何回ですか?』
『給食は ありますか?』など。。。。。。。。

そんな時 わが校の1人の男子生徒が いきなり 六甲おろしを 歌い始めたのです。。。。彼にとっては きっと楽しい表現であったり うれしい気持を表していたのでしょう。。。。。
そんな 光景を 見て。。。。ん???どうするかな??どうなるかな?と思っていると 交流校の生徒会会長が 手拍子を始め 一緒に歌い始めたのです。。。。
すると 他の 生徒会の子たちも どんどんと歌い始め 最後みんなで 大合唱のようになったのです。。。。とっても 感動しました。
ああ なんか 今日ここに来て良かったなあ!って気持になりウルウルしてました。。
あの日の事 思い出しました。。。。。

でもね。去年 私が経験したことも 今日息子たちが 経験してきたことも
どっちも 現実なんですよね。。。

|

« 魔法の杖。。。。 | トップページ | なんか うれしかった。。。 »

コメント

マロピッピちゃんまあ そうなる事を 期待しておきましょう!(〃⌒ー⌒〃)∫゛

投稿: MAGU-MAGU | 2005年9月22日 (木) 16時18分

moonちゃんうん! めっちゃ キモイ。。。。(〃⌒ー⌒〃)∫゛

投稿: MAGU-MAGU | 2005年9月22日 (木) 16時17分

うんうん、その張本人の可能性大のうちのお兄(><)悲しいけど、そういう現実がないほうが変!とひらき直っているよ。色んな考えかたの人いるし、しかもまだまだ人生経験の少ない中学生だから・・・でも笑ってた子がこれからいくらでも変わっていって大人になった時にそういう事を思い出したりしてくれたらいいけどね!

投稿: マロピッピ | 2005年9月22日 (木) 15時46分

いやいや ど~ぞ ど~ぞ ぱくっ”!と 行っちゃってくだぱい(笑い)マグ姉さまなら OKです・・・・えっ?何が・・・・?えへへ~moonも マグ姉さまなら ど~にでも してくだぱい・・・・えっ”!?キモイ・・・?

投稿: moonchild | 2005年9月22日 (木) 13時48分

おじさんへあれまあ???早起きですねー!(〃⌒ー⌒〃)∫゛ステキなコメント ありがとうございます!☆まっ そんな事を経験しながら 彼らも強くなっていくのでしょう。。。今日 連絡帳に さりげなく 昨日息子たちが 感じてきた事書いておきましたよん!(^_-)ー☆

投稿: MAGU-MAGU | 2005年9月22日 (木) 08時32分

おはよ~ 現実をつきつけられて、感じた次男君へんの まぐりんの一言・・・ とっても、おじさんは うるうるした。 素敵な、一言・・・・。  やさしさと、次男君のとるべきことをさりげなく 教えたんだ。 こんどは、きっとそうすると思う。  でも、笑った生徒たち、そこでなんか気づきないと ほんとの交流でないよね。 誰が、それ教えてあげるんだろ? それとも、次男君たちの心を汲み取ってあげる 人は、相手の学校にはいないんだろうか? とおじさんの心もとっても、悲しくなりました・・・ 去年がよかったから、よけいにそう思えるよ・・ がんばれ、双子ちゃん。

投稿: おじさん | 2005年9月22日 (木) 06時05分

92さん子供は 天使のようだけど 残酷でも あるもんねーでも そこから いろんな事 学んで 大人になってくわけだからー(⌒_⌒)今の自分に 自信持って ガンバってね!92さん。。。。(〃⌒ー⌒〃)∫゛

投稿: MAGU-MAGU | 2005年9月21日 (水) 22時14分

世の中には光も影もありますね。二面性は否定出来ない。そうですね、どちらも現実。92も、子どもの頃は知的障害のある特別学級の同級生に酷い事した。無知は残酷です。あの頃は、ガイドヘルパーとして関わるなんて想いもしなかった。。。この先、どこまで行けるか判らないけど、しっかりと見て行きたい。

投稿: 92 | 2005年9月21日 (水) 22時10分

moonちゃんそうやね。。。。まっそれが 現実。。。。母は 逞しく生きていこうでーオーーーーーーーっ!!!(〃⌒ー⌒〃)∫゛しかし 今日の 子熊 人の鼻の穴に 指突っ込んでからにー(⌒_⌒)ズボって 入ってたがなーなんかさあーめっちゃ かわいくてさあー ほっぺたに チューしそうになってた 私。。。。いけない!いけない!ダメよ!そんなこと。。。あなたの お母さんと私は お友達なのよーってか?!

投稿: MAGU-MAGU | 2005年9月21日 (水) 21時55分

うんうん 去年の生徒会長さんの話聴いたとき 感動したもんな~☆そうだね どっちも現実だね~ 子熊の H学級の 発表会も いやな感じで笑われて りんりんが きっ”!と なって いつも 怒ってる・・・でも そのなかでも子熊のクラスで子熊知ってる子たちは ほんとに 応援して いいとこ 一生懸命さがして コメントしてくれる・・・お互い歩み寄って分かり合えるばかりの世の中ならいいんだけど・・・・そう うまくは いかないね・・・

投稿: moonchild | 2005年9月21日 (水) 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 魔法の杖。。。。 | トップページ | なんか うれしかった。。。 »